入院患者への差し入れ

病気の人に持っていく差し入れ

病気で入院していたり自宅療養している方に差し入れをと考えた時気を使います。
外科系の病気だった場合は食べ物に制限はあまりありませんが、内科系の持病があるかもしれませんから食べ物は避けた方がいい場合もあります。
病気を治す事が優先ですから食べ物よりはお茶やお水、スポーツドリンクなどが無難です。
また、時間つぶしの週刊誌や雑誌・コミック・小説なども差し入れすると喜ばれることもあります。
匂いが強いお花などは避けるべきでしょう。
お花は一見お部屋が華やかになりますので喜ばれそうですが、花が落ちたり枯れたりします。
お花が好きな方であればブリザードフラワーなど加工された飾りやすいお花がいいと思います。
病院の場合、テレビや冷蔵庫を使いう際テレビカードというプリペイドカードがないと電気が使えないこともありますから、テレビカードの差し入れも良いでしょう。
テレビは他の方の迷惑になる場合もあり、一人で観る際は備え付けのイヤフォンを使いますがヘッドファーンも喜ばれることもあります。
現金を差し入れるときは、その方に応じて御見舞と書かれたのし袋に入れて手渡すのも良いと思います。
いずれにせよ、病気の治療に負担に成らないものを選ぶことが大事です。

病気で入院している人への差し入れ

病気でしばらく入院している友人がいれば、一度はお見舞いに行こう、という気持ちになるものです。
その際、差し入れを持って行くことがほとんどでしょう。
入院している人が内臓の病気の場合は、食べ物類の差し入れはしないようにしましょう。
飲み物もやめておいた方が良いです。
胃腸系の病気でなくても、何か口にしたものが原因で症状が悪化してしまう可能性もあるのです。
退屈しのぎになるだろう、とパズルやクロスワード雑誌を差し入れとして持って行く人もいますが、脳神経や目の病気で入院している人には持っていかないようにしましょう。
入院が続き退屈している人にとっては、友達がお見舞いに来てくれることだけでとても嬉しいものなので、差し入れはなくても良いものなのですが、もし何か持って行きたい場合、一番無難なのは写真集です。
ただ眺めていることが出来ますし、綺麗な景色や可愛い動物の写真は心を癒します。
また、写真集ならば退院したあとでもずっと持っていることが出来るのです。

check

最終更新日:2016/1/28

copyright(c) 2015 「病気と闘う」 all rights reserved.